PR

MATRIX SR-25 レビュー

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

今回は、MATRIX社から販売されている、SR-25のレビューをしていきます。

SR-25とは?

米ナイツアーマメント社が開発したセミオートスナイパーライフルです。

AR-15(M16)の原型となったAR-10の機構を踏襲しており、AR-15系統の部品と60%の互換性があります。米海軍、海兵隊ではMk.11 Mod0として、米陸軍ではM110として正式採用されています。

映画アメリカンスナイパーで、主人公クリス・カイルが使用したことでも有名ですね。

MATRIX SR-25の基本スペック

全長990/1140mm
(サイレンサー装着時)
重量4160g
装弾数470発
定価30,000円(税別)
(フォースター価格)
バッテリーミニSバッテリー
最高86.6m/s
平均85.9m/s
最低84.5m/s
ジュール0.73J

※0.2gBB弾使用、ノンホップ10発での計測
(筆者の私物の為、カスタム済み)

MATRIX SR-25の内容物

  • 本体
  • 470連多段マガジン
  • 説明書
  • BB弾
  • フロントサイト調整用金具
  • 専用サイレンサー
  • ナイツタイプフォアグリップ

※中古品の為一部欠品

スポンサーリンク

MATRIX SR-25の外装

フルメタル構造で剛性が高く、ずっしりとした重量感を感じられます。

レイルのエッジはしっかり立っていていい感じです。刻印もプリントながら綺麗ですね。

クイックリリース可能なサイレンサー。

装着は上からピンを押し込むだけで、簡単に脱着できます。

レジーバー周りの隙間もなく、良く出来ています。

このエアガンの不満点その1、セレクター。

実銃のSR-25にはフルオート機能はありません!!エアガンなりのアレンジなんでしょうが、せめて刻印は入れないで欲しかった・・・

続けて不満点その2、ダストカバーがお粗末。

チャージングハンドルを引いてもダストカバーが開かず、爪で開ける必要があります。

グリップはフィンガーチャンネルが付いていて、手にフィットします。

個人的には、とても握りやすいと思います。

ストックもガタツキは無く、しっかり付いています。下部にはスリングの取り付けが可能です。

不満点その3、コネクター。

写真では交換されていますが、元はラージバッテリー用です。

現在使われているコネクターは殆どがミニコネクターなので、交換するか別個変換コネクターを購入する必要があります。

フリップアップ式のピープサイト。覗くとこのようになります。

マガジンはAR-15系統に比べ大型で、互換性はありません。(左がAR-15用、右がSR-25用)

470発と大容量なものの、弾上がりがイマイチで上蓋も勝手に開きやすいです。

MATRIX SR-25の使用感

とにかく長くて重いです!

サバゲーで1日使用するにはかなりの体力が必要だと思います。

スポンサーリンク

MATRIX SR-25の実射性能

箱出しだとたまに二重給弾が発生しました。

飛距離も命中精度もこのサイズの電動ガンとしては今一つで、スナイパーライフルとして運用するにはカスタム前提な感じですね。

私の場合、以下のカスタムを施しました。

  • チャンバーをProWin製 アルミCNCホップチャンバーに交換
  • チャンバーパッキンを東京マルイ純正に交換
  • ピストン、スプリングを東京マルイ純正に交換
  • インナーバレルを380㎜までカット

購入を検討されている方は、参考になれば幸いです。

MATRIX SR-25の分解方法

分解方法をまとめました!

MATRIX SR-25のレビューまとめ

今回は、MATRIX SR-25をレビューしました。

性能や実銃の再現度からすると少し不満がありますが、3万円台で購入できるSR-25と考えると良くできていると思います。

また、S&T/AVENGER社から電子トリガー搭載の軽量なスポーツラインモデルも販売されています。

専用サイレンサーは付属しないものの、25,575円と更に安価なので注目の商品ですね!