サバゲーテクニック講座【第2回】~正しいハンドガンの構え方~

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

前回、ハンドガンを当てるのは難しいといったお話をしましたね。それでも正しい構え方を覚えれば20メートルくらならば十分命中させることができます。

という事で、今回はハンドガンの正しい構え方を解説します。

ハンドガンの握り方

ハンドガンは手だけで支持する必要があるので、長物よりも握り方が重要になってきます。

引き金を引く方の手は、なるべくグリップの上の方を握ります。

逆の手はグリップを握った手を包み込むように。

握りこんだ際に親指が画像の位置にくるようにして下さい。

スポンサーリンク

アイソセレススタンスとウィーバースタンス

ハンドガンの構え方には2種類あります。

  • 体の正面に構えるアイソセレススタンス
  • 半身に構えるウィーバースタンス

アイソセレススタンスは、軍や警察、スピードシューティング等で広く使われている、現代では主流となっている構え方です。

ウィーバースタンスはアクション映画などでよく見る構え方ですね。

アイソセレススタンスのメリットとデメリット

アイソセレススタンスのメリットは左右に振り向きやすく、反動を抑えやすいことです。

反面、被弾面積が大きくなりバリケード越しの撃ち合いには向きません。

ウィーバースタンスのメリットとデメリット

ウィーバースタンスのメリットは被弾面積の少なさです。

デメリットは左右に振りずらく、咄嗟の反応が必要な場面では不利になります。

アイソセレススタンスの構え方

足を肩幅に開き、腰を落としてやや前傾姿勢になります。

銃が体の中心に来るように腕を伸ばします。

スポンサーリンク

ウィーバースタンスの構え方

ハンドガンを持つ手の方の足を引き、半身になります。

持ち手側の腕は伸ばし、逆手側は添えるように構えます。

まとめ

今回は、ハンドガンの構え方について解説しました。

コツとしては、しっかりと握りこむことがとても大切です。

アイソセレススタンスとウィーバースタンスはそれぞれ利点と欠点があるので、ゲーム中のシュチュエーションによって使い分けられるとベストですね!

必ずサバゲーが上達する、重要テクニックを総まとめ!

「サバゲーを始めたけど、なかなかヒットが取れない」とお悩みではないでしょうか。実際に私も、初めての定例回ではヒットが取れず、悔しい思いをしていました。

そこで、インターネットやサバゲーフィールドを通じて、上級者達にさまざまなコツやテクニックを学びました。

こちらの記事では、サバゲーが必ず上達するテクニックをまとめてご紹介しています。サバゲーを上手くなりたい方、必見の内容ですので、ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました