【東京マルイ新商品】ガスブローバックMk18Mod.1のインプレッション

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

先日、東京マルイから新商品のMk18Mod.1ガスブローバックの発売日が発表されました!楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、実銃のMk18Mod1はどういう銃なのか、予想されるエアガンのスペックの2点について解説していきます。

スポンサーリンク

実銃のMk18Mod.1とは?

主に海軍特殊部隊のSEALsMARSOC等で使用されている、特殊部隊向けアサルトライフルです。M4A1の短縮モデルである、CQBRの発展形でもあります。

銃身長が10.3インチと非常にコンパクトで、閉所での運用に最適化されています。

また、Mk18Mod.1の特徴としては、ダニエル・ディフェンス社のハンドガードを備えているが挙げられます。ガスブロックまで覆う4面レイルは、アクセサリーの取り付け範囲を拡大できるメリットがあります。

ガスブローバックMk18Mod.1の外装

それでは、現在公式サイトで発表されている、Mk18 Mod.1の外装を見ていきましょう!

フロントビュー。ダニエル・ディフェンス社のライセンス商品なだけあり、レイルは非常に精悍な印象を受けます。レイルの刻印も綺麗ですね。

また、ここで注目して貰いたいのが、各部の色調です。FDEカラーの色調の違いが、忠実に再現されています。

レイル側面には、スリング取り付け用のパーツが標準装備されています。

フレームもとても綺麗に仕上げられていますね。また、リアルに再現されたエジェクションポートも、ガスブローバックならではの魅力です。

リアビュー。6段階調整式のクレーンストックが標準搭載されています。また、ガスブローバックならではのグリップの細さにも注目です。

マガジンは他のM4系統のガスブロと同形状に見えますね。使いまわしが出来るのは嬉しい点です。

ガスブローバックMk18Mod.1の性能予想

M4A1 MWSから代々受け継がれる東京マルイのお家芸、Zシステムを搭載しており、今回も安心と信頼のマルイクオリティーを期待できます!

基本設計が他のM4系統と同じなので、マガジンの共有もできそうですね。

ガスブローバックMk18Mod.1の値段

東京マルイのメーカー希望小売価格によると、¥72,800(税別)との事です。他のガスブロM4系に比べると1万円前後高価になっていますが、理由としてはダニエル・ディフェンス社のライセンス取得料と考えられますね。

実売価格としては、概ね6万前後と予想されます。一部店舗では既に予約が開始されているので、要チェックです!

まとめ

今回は、10月8日に発売予定の、東京マルイMk18Mod.1ガスブローバックガンについて解説しました。

Mk18Mod.1は次世代電動ガンとしても販売されており、とても人気のあるモデルだったので、期待の持てる新商品です。

この調子で、ガスブロAKMの発表も楽しみですね!