コスパ最強はどれだ?東京マルイVSR-10シリーズのバリエーションを比較検証!

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

東京マルイVSR-10は、ボルトアクションスナイパーライフルのエントリーモデルとして最適の商品ですよね。しかし、カタログを見ると沢山バリエーションがあって、「何が違うの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

という事で今回は、東京マルイVSR-10シリーズのバリエーションによる性能の比較をしていきますよ!

VSR-10シリーズは4種類

公式サイトのカタログだと色違いが混じっているのでわかりずらいかもしれませんが、東京マルイVSR-10シリーズは、以下の4種類に分類されます。

  • VSR-10 プロスナイパー
  • VSR-10 リアルショック
  • VSR-10 Gスペック
  • VSR-10 プロハンターG

次の項目からはそれぞれどんな特徴があるかを解説していきますよ。

VSR-10 プロスナイパーの特徴

プロスナイパーは、最もベーシックなモデルです。高い命中精度を誇り、箱出しでもサバゲーで使うのに十分な性能を持っています。

他のモデルと比べて安価なので、エントリーモデルとして使用している人も多いですね。

ただし、スコープを乗せる為に専用のマウントベースが必要なのは注意が必要です。

VSR-10 リアルショックの特徴

リアルショックは、リコイルショック(反動)を再現したモデルです。前に引っ張られるような独特なリコイルショックで、残念ながらあまりリアルな反動ではありません。

さらにこのリコイルを生み出すために「スナイパーライフルのくせに発射音がうるさい」「リコイルにパワーを持っていかれてあまり飛ばない」と、ちょっと残念な仕上がりになってしまっています。

VSR-10 Gスペックの特徴

Gスペックは、プロスナイパーのカスタムモデルです。サイレンサーとマウントベースが標準搭載されており、内部パーツもより高精度なものに交換されています。

スコープを乗せればすぐにサバゲーでスナイパーとして活躍できる、最もオススメのモデルです!

VSR-10 プロハンターGの特徴

プロハンターGは、「銃声」を再現したガンサウンドシステムが特徴です。「爆音VSR」とも呼ばれ、ある意味で革新的なシステムを搭載したモデルです。

ただこのガンサウンドシステム、エアガン内部のトランスミッターからイヤホンに音を伝えるシステムなので、銃声が聞こえるのはイヤホンを付けている自分だけ。

「もうちょっと何とかならなかったの?」と思っているのは私だけでは無いはずです。

コスパ最強のVSR-10は?

これまでは、各バリエーションの性能や特徴を紹介してきましたね。この章では、最もコスパの良いVSR-10はどれか、東京マルイの希望小売価格を元に検証していきますよ!

プロスナイパー/リアルショックの値段

この2モデルは、メーカー希望小売価格で19,800円です。

今回は、これを基準に比較していきます。

プロスナイパーとGスペックの比較

Gスペックのメーカー希望小売価格は、25,800円です。

Gスペックとプロスナイパーとの違いは、マウントベース、サイレンサー、精密真鍮バレル&新型チャンバーの3点が標準装備されている事です。

3点のオプションパーツの値段を合計すると、以下のようになります。

各オプションパーツの値段(メーカー希望小売価格換算)
  • VSR-10用マウントベース:1,400円
  • プロサイレンサー:5,500
  • 精密真鍮バレル&新型チャンバーセット:5,800円

合計:12,700円

これらをプロスナイパーをベースにカスタムした場合、合計金額が32,500円相当になります。

Gスペックのメーカー希望小売価格が25,800円なので、差額で6,700円分お得ということがわかりますね!

プロスナイパーとプロハンターGの比較

プロハンターGのメーカー希望小売価格は、49,800円です。

プロハンターGとプロスナイパーとの違いは、マウントベース、サイレンサー、精密真鍮バレル&新型チャンバー、スコープ、バイポッドの5点が標準装備されている事です。

5点のオプションパーツの値段を合計すると、以下のようになります。

各オプションパーツの値段(メーカー希望小売価格換算)
  • VSR-10用マウントベース:1,400円
  • プロサイレンサー:5,500
  • 精密真鍮バレル&新型チャンバーセット:5,800円
  • プロスコープ ズーム ¥9,800
  • マウントリング ¥1,400
  • タクティカルバイポッド ¥9,800

合計:33,700円

これらをプロスナイパーをベースにカスタムした場合、合計金額が53,500円相当になります。

Gスペックのメーカー希望小売価格が49,800円なので、差額で3,700円分お得ということがわかりますね!

結論:コスパ最強はVSR-10Gスペック!

以上の結果をまとめると、Gスペックは、プロスナイパーとオプションパーツの合計額と比較して6,700円分お得。

対してプロハンターGは、プロスナイパーとオプションパーツの合計額と比較して3,700円分お得になります。

そのため、ガンサウンドシステムを考慮しない場合、コストパフォーマンス最強は、VSR-10Gスペックという結果になりました。

東京マルイVSR-10シリーズの比較まとめ

今回は、VSR-10シリーズのバリエーションについて比較検証しました。まとめると、VSR-10は以下の4種類に分類されます。

  • 最もベーシックな、VSR-10 プロスナイパー
  • 反動がある、VSR-10 リアルショック
  • カスタムモデルの、VSR-10 Gスペック
  • ガンサウンドシステム搭載の、VSR-10 プロハンターG

また、このうちプロスナイパーを基準にしてオプションパーツも含めた合計金額で、最もお買い得なのはGスペックという結論になりました。

サバゲーでスナイパーライフルを使いたいという方、VSR-10シリーズでどれがいいか迷っている方は、VSR-10 Gスペックの購入をオススメします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました