PR

東京マルイFN-Five saveNを分解&メンテナンスしました

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

今回は、前回レビューした東京マルイ『FN-Five saveN』の分解方法を解説します。また、今回はご依頼品のため、メンテナンス方法もご紹介していきます。

ガスガンのメンテナンスは、一挺\2,800から承っております。ぜひお気軽にご依頼、ご相談いただければ嬉しいです。

GunsmithTigger
ガスハンドガンメンテナンス \2,800

東京マルイFN-Five saveNの通常分解

始めに、通常分解をします。テイクダウンレバーを矢印の方向に押すと、スライドとフレームに分割できます。

東京マルイFN-Five saveNのバレルの分解・清掃

バレルユニットを取り出します。ユニットを前方に押し出してから、斜め上方向に引き出すことで分解できます。

インナーバレルの汚れをチェック。一見あまり汚れていないように見えますが…

シリコンスプレーを吹いてバレルクリーニングをすると、これだけ汚れていました。

最後に、車用のコーティング剤でバレル内部を保護します。コレをするだけでバレルが汚れにくくなるので、オススメのメンテナンスですよ。

東京マルイFN-Five saveNのチャンバーの分解・清掃

チャンバーはモナカ構造で、画像のネジ2か所を外すと分割できます。

チャンバーパッキンを取り出しました。若干変形してきてはいますが、交換するほどではなさそうです。

綿棒に中性洗剤を含ませて、チャンバーパッキンを清掃します。ゴムを侵食する性質があるので、パーツクリーナーの使用は絶対にNGです!

インナーバレルに組付けたら、最後にシリコンスプレーを吹きます。チャンバーパッキン内側にシリコンが付くと弾道が不安定になってしまうので、慎重に外側だけに吹いていきましょう。

東京マルイFN-Five saveNのシリンダーブロックの分解・清掃

次にシリンダーブロックを取り出します。まずは、画像のネジを3か所外します。

さきほど外したネジ穴からピンポンチを入れて少し押してあげると、リアサイトが取り外せます。

マイナスドライバーを入れて少しこじるようにすると、ブリーチが取り出せます。リターンスプリングが飛び出してくるので、紛失注意です。

続いて、ブリーチを分解します。ピストンカップが汚れていたので、中性洗剤を含ませた綿棒でクリーニング。

可動部もグリスが切れていたので、東京マルイのシリコングリスを塗っておきます。

リターンスプリングもグリスアップ。ブリーチに張り付いてくれるので、組み上げも楽に行えます。

組み上げるついでに、リアサイトをDCIのRMRドットサイトマウントに交換します。

加工する必要なく、ポン付けできました。ガタつきも全くないので、何の問題もなく使えそうです。

東京マルイFN-Five saveNのフレーム側の分解

フレーム周りを分解していきます。始めに、画像のロックピン2本をピンポンチで抜きます。

テイクダウンレバーは、反時計回りに回すことで取り外せます。

次に、セーフティを分解します。セーフティにつながっているパーツのイモネジを、2か所外します。

セーフティレバーは、マイナスドライバーでこじると取り外せます。

スライドストップも同様に外すことができます。

画像の位置のネジを外すと、スライドストップレバーが取り出せます。スプリングがあるので紛失注意です。

トリガーガードから上向きにトリガーを押し込むと、トリガーユニットを分解できます。

東京マルイFN-Five saveNのハンマーユニットの分解・清掃

ハンマーユニットは、画像のネジ2か所を外すことで取り出せます。

ハンマーユニットはモナカ構造で、裏側のネジ3か所を外すと2つに分解できます。

分解するとこんな感じ。パーツクリーナーで洗浄した後、軽くシリコーンスプレーを吹きかけておきました。

東京マルイFN-Five saveNのマガジン、外装の清掃

マガジンと外装をクリーニングします。マガジンの給弾口には、シリコーンスプレーはNG。綿棒で擦って汚れを落とします。

最後に、組み上げて動作チェックをして完了です。初速はほとんど変わらなかったものの、スライドの動きはスムーズになりました。