知らなきゃヤバい!?サバゲーを安全に遊ぶための10のルールとマナー

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

読者の方の中には、サバゲーは危険だというイメージを持っているかもしれませんね。はっきり言ってしまいますが、ルールを守らないと、サバゲーはとても危険な遊びになりかねません。

ですが、ご安心ください。逆にきちんとルールを守れば、安全に遊ぶことができます。

熟練のサバゲープレイヤーはそういった危険性を熟知しており、民度がとても高いこともサバゲーの良い所です。それ故に、サバゲーは「紳士のスポーツ」と呼ばれています。

少し話がずれてしまいましたが、これからサバゲーを安全に遊ぶためのルールについて解説していきます。

サバゲーの基本ルール

サバゲーは赤チーム、黄色チームの2チームに分かれてエアガンを撃ち合うゲームです。撃たれたらヒットとなり、退場になります。

最も一般的なフラッグ戦は、各チームの陣地奥にある、フラッグホーンと呼ばれるブザーを鳴らすことで勝敗を競います。

他にもサバゲーは様々なルールで遊ぶことができます。詳しく知りたい方は、こちらの記事にまとめたので参考にしてみてください。

ヒットコール

BB弾が当たった時には「ヒットー!」と宣言し、フィールド内から退場します。これをヒットコールと呼びます。

ヒットコールは自己申告です。ヒットを故意に無視することはゾンビ行為と呼ばれ、忌み嫌われるルール違反です。繰り返し行うと最悪出禁になる可能性もあるので、ヒット判定は自分に厳しく行いましょう。

また、退場の際はジェスチャーをする、撃ちあっている前を通らない等、ゲームをしている人の邪魔にならないように注意してください。

全身ヒット制

サバゲーでは、身に着けている物のどこに当たってもヒットになります。ここで言う全身とは、手に持っているエアガンや、盾のような防具も含まれます。

また、フィールドのレギュレーションによりますが、跳弾(跳ね返ってきたBB弾)やバウンドした弾もヒットになることが多いです。

ゴーグルの着用

エアガンを撃つ時は、必ずサバゲー用のゴーグルを着用する必要があります。

理由は、BB弾から眼球を守る為です。エアガンは段ボールをやすやすと貫通する程の威力があり、万が一眼球に当たってしまった場合は、最悪失明してしまうこともあります。

特にゲーム中はどこから弾が飛んでくるかわかりません。例えゴーグルが曇ってしまい前が見えなくなっても、絶対にゴーグルを外さないように注意してください。

エアガンの安全管理

エアガンは、使い方を間違えると凶器にもなりえます。相手を傷つけないためにも、自分の身を守る為にもエアガンの安全管理を徹底してください。

エアガンの安全管理は、以下の6項目になります。

  • 休憩所ではマガジンを外す。
  • 休憩所では安全装置をかける。
  • 休憩所では引き金に指をかけない。
  • 残弾処理をする。
  • エアガンの銃口を人に向けない。
  • 法律で定められた威力を守る。

それぞれひとつずつ解説していきます。

休憩所ではマガジンを外す

マガジンとは、BB弾を装填しておくエアガンの部品です。(下の画像参照)
これを付けたままにすると暴発の危険性があるので、セーフティーエリア内では絶対に外しておきましょう。

 悪い例

 良い例

休憩所では安全装置をかける

エアガンには安全装置(セーフティー)が付いています。エアガンを撃たない時は、常に安全状態にしておきましょう。

悪い例

良い例

休憩所では引き金に指をかけない

暴発の危険があるので、エアガンを撃つとき以外は引き金に指をかけないようにしましょう。

悪い例

良い例

残弾処理をする

エアガンは構造上、マガジンを外しても中に何発かBB弾が残ることがあります。エアガンを撃った後は必ず、マガジンを外して何発か空撃ちをして、エアガン内部にBB弾が残らないようにしましょう。

エアガンの銃口を人に向けない

上記の4つに加えて、さらに万が一暴発した場合を場合を考え、エアガンの銃口は人にむけないようにしましょう。テーブルの上に置く場合も、なるべく人のいる方向に銃口を向けないように注意してください。

法律で定められた威力を守る

実は、エアガンは法律で威力が定められており、法定以上の威力を持つものは準空気銃という扱いになり所持免許が必要になります。最悪逮捕されることもあり得るので、サバゲーで使うエアガンは必ず法定の威力以下のものを使用してください。

ブラインドショットの禁止

ブラインドショットとは、障害物から顔を出さずに、銃だけ出して射撃する事です。禁止している理由は2点あり、1つは間違って味方を撃ってしまうかもしれないから、もう1つはBB弾がフィールド外に出てしまうかもしれないからです。

また、フィールドのレギュレーションにもよりますが、障害物の隙間からの射撃も禁止されていることが多いです。

暴言の禁止

相手を煽ったり、馬鹿にするような言動は、トラブルの元になるので厳禁です。

ゾンビ行為等の違反行為をされたと感じた時も、直接注意するのではなく、フィールドスタッフに報告するようにしてください。

プレイヤーへの直接攻撃の禁止

相手をBB弾以外のもので直接攻撃することは禁止です。

また、フィールドによりますが、フリーズコールも禁止されている事が多いです。フリーズコールとは、完全に後ろを取った時に「フリーズ」と宣言し、ヒット扱いにする事です。スパイ映画とかでよくある、「手を上げろ!」って奴ですね。

理由としては、言った言わないで口論になる可能性がある為です。至近距離で相手を撃つ時は、なるべく痛くない所を狙ってあげるといいでしょう。

オーバーキルに気を付ける

オーバーキルとは、敵を倒したときに必要以上にBB弾を打ち込むことです。相手からしてみれば無駄に痛い思いをさせられてしまうので、トラブルの原因になりかねません。

初心者の方はついやってしまいがちですが、相手のヒットコールが聞こえたらすぐに撃つのをやめるように気を付けましょう。

味方撃ちに気を付ける

味方撃ちは別名フレンドリーファイアと言い、敵と間違えて味方を撃ってしまうことです。

ヒットの処理としては、撃たれた方はヒット扱いになります。フィールドのレギュレーションによっては撃った側もヒットとなりことがあるので、必ずルールを確認しましょう。

これも初心者はついやってしまいがちですが、チームマーカをよく見てから射撃するように注意してください。

まとめ

サバゲーのルールは沢山あって大変だと思われたかもしれません。ですが、安全に遊ぶためにはルールを守ることが必須です。

まとめると、以下のようになります。

  • 撃たれたらヒットコールをする。
  • エアガンを撃つ時は、必ずゴーグルを着用する。
  • エアガンの安全管理を徹底する。
  • ブラインドショットをしない。
  • 暴言をしない。
  • エアガン以外で敵に攻撃しない。
  • オーバーキルに気を付ける。
  • フレンドリーファイアに気を付ける。

今回解説したルールを守って、安全に楽しくサバゲーを遊びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました