動画でわかる!電動ガンの内部メカニズム

こんにちは、Tiggerです。

皆さんサバゲーしてますか?

エアガンのカスタムには、内部の構造を知っておく必要があります。

今回は、電動ガンがどのようにBB弾を発射するかを解説します。

電動ガンのメカニズム

電動ガンがバッテリーによって動いていることは、以前解説しましたね。

実際に内部でどのように電動ガンが動いているか、5つのステップに分けて説明します。

STEP1:マガジンを刺す

BB弾は、最初はマガジンに入っていますね。

下の画像を見ると、ストッパーによってBB弾が保持されていることがご理解いただけるでしょうか。

これをエアガン本体に刺すと、ストッパーが外れてマガジン内のBB弾がチャンバーに送られます。

この際、メカボックスのノズルによってBB弾が、銃口へこぼれ出ないようにせきとめられています。

図解するとこちらのようになります。

これが、エアガンにマガジンを刺した状態です。

STEP2:トリガーを引く

トリガーを引くと、銅板が接触しバッテリーから電流が流れることで、モーターが回転します。

モーターはメカボックスのベベルギアとかみ合っており、それに連動してスパーギア、セクターギアが回転します。

モーターと各種ギアの位置はこのようになっています。

STEP3:エアガン内にBB弾を給弾する

セクターギアが回転を始めると、連動してピストンとタペットプレートが後退します。

タペットプレートが後退しきると、チャンバー中にBB弾が給弾されます。

図解するとこちらのようになります。

さらにセクターギアが回転するにつれて、後退していたタペットプレートが解放され、元の位置に戻ります。

これにより、ノズルとチャンバーパッキンの突起によりBB弾が1発、チャンバー内で固定されます。

また、同時にピストンが後退していることに注目してください。

ここまでくれば発射までもう一歩です!

STEP4:BB弾の発射

セクターギアが回転を続けると、ピストンがさらに後退します。

そして、一定の箇所まで達するとピストンが解放され、圧縮されたスプリングの反発力によって勢いよく前進します。

(動画ではスプリングではなく指で押しています)

するとシリンダー内の空気が圧縮され、シリンダーヘッドを介してノズルから高圧の空気が噴射されます。

その空気の圧力がチャンバーパッキンのBB弾を保持する力を上回ると、BB弾がチャンバーから発射されます。

STEP5:インナーバレル内で加速

チャンバーから発射されたBB弾は、バックスピンしながらインナーバレル内を通過します。

この際、BB弾を発射した後の残りの空気がBB弾を後押しし、インナーバレル内部でさらに加速します。(余剰エアとか追い越しエア等と呼ばれます)

そうして十分に加速された状態で、銃口からBB弾が発射されます。

まとめ

今回は、電動ガンがBB弾を発射までのプロセスを5段階で解説しました。

電動ガンをカスタムする上で、この構造を理解することは非常に重要です。

なかなか複雑だと思いますが、カスタムをするなら是非覚えてくださいね!

わからないことがありましたらTwitterお問い合わせフォームからご連絡いただければ、可能な限り返答いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました