PR

最高のサバゲ入門ライトノベル『サバゲにGO!』を読んだ感想まとめ

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

今回は、LINEエッジ文庫から発売されている、サバゲーを題材にしたライトノベル『サバゲにGO!』を紹介します。

『サバゲにGO』の基本情報

  • 出版社:LINE文庫エッジ
  • 巻数:既刊2巻(2020年12月現在)
  • 初版出版: 2019年9月
  • 著者:アサウラ 主な著書に『ベン・トー(スーパーダッシュ文庫)』、『デスニードラウンド(オーバーラップ文庫)』、『英雄都市のバカども(富士見ファンタジア文庫)』など。
  • イラスト:赤井てら 『その無限の先へ(MFブックス)』、『デスニードラウンド(オーバーラップ文庫)『、『エノク第二部隊の遠征ごはん (GCノベルズ)』などライトノベル挿絵を多数担当。

『サバゲにGO!』のあらすじ

「・・・・・・あなたは残りの人生であと何回サバイバルゲームに行けるでしょうか?」

~サバゲにGO!1巻より引用~

しがないサラリーマンの主人公「貞夫」と、後輩で親友の「シノ」。いつも通り街をぶらついていた二人でしたが、ふとしたきっかけでガンショップ「大野公房」に立ち寄ります。

そこで出迎えていたのは、美人姉妹の「菜花」「リラ」でした。妹のリラのゴリ押しでエアガンの購入を迫られますが、あまりの高額さに諦める二人。

それでも、初めて試射させてもらった感触が忘れられない・・・そう思ったシノは、ついに次世代電動ガン、AK-74Uを購入してしまいます。

誘惑に負けまいとしていた貞夫でしたが、リラの提案により4人でサバイバルゲームに同行することに。そこに待っていたのは、貞夫の思ってもいなかった世界でした。

スポンサーリンク

『サバゲにGO!』の登場人物

松下 貞夫(サバ夫)

本作の主人公、松下貞夫は、冴えない20歳のサラリーマン。慎重かつ警戒心の強い性格で、夢中になれることが無く、悩んでいました。

また、あまり女慣れもしていなく、童貞臭い妄想をするシーンも・・・

そんな彼ですが、サバゲーやサバゲーを通した仲間たちと出会い、段々と成長していきます。

篠原 学(シノ)

貞夫の後輩であり親友の、篠原学(シノ)は、18歳の大学生。貞夫とは対照的に、良くも悪くも単純な性格で、女性経験も豊富です。

ノリが良く流されやすいので、リラのゴリ押し営業の被害者筆頭。

作品のムードメーカーで、彼の登場するシーンはコミカルで思わず笑ってしまいます。

舞白 菜花

舞白菜花は、ガンショップ「大野公房」の美人姉妹店員の姉の方です。長身巨乳で、口元のホクロがチャームポイントの、本作品のセクシー担当。

天然ほわほわお姉さんですが、サバゲーになると凄腕スナイパーとして大活躍します。

実は大食いでお酒が大好き。その割にお酒に弱く、酔っぱらうと普段の彼女とは違う一面をみせることも・・・

舞白 璃良(リラ)

舞白璃良(リラ)は、ガンショップ「大野公房」の美人姉妹店員の妹の方。姉の菜花とは対照的に、小柄で貧乳、生意気系の小悪魔キャラクターです。

「大野公房」は接客の売上がボーナスとしてもらえることもあり、さまざまな策を使って買い物を迫ってきます。

お金にがめつく、したたかな性格なものの、どこか憎めないかわいらしいキャラクターです。

『サバゲにGO!』の魅力①迫力満点のサバゲー描写

これまで『サバゲにGO!』のあらすじや登場人物について解説しましたが、これから『サバゲにGO!』の魅力について語っていきます。

まずは、何と言っても迫力満点のサバゲー描写です。一戦一戦がとてもドラマティックに描かれており、大興奮間違いなし。

また、初心者である主人公たちは、セレクターの切り替えに手間取ったりハンドガンのスライドを引き忘れたりと、「リアルさ」にもこだわりを感じられます。

特にオススメなのは1巻の最終戦。「ファントム」と呼ばれる上級者相手に、初心者の貞夫が立ち向かうシーンは、手に汗握る熱い戦闘になっていますよ!

『サバゲにGO!』の魅力②買い物の「葛藤」がリアル!

次に魅力的だと思ったのは、サバゲーの必需品、エアガンや装備の買い物シーンです。

ごくごく平凡なサラリーマンである貞夫は、エアガンのあまりの値段の高さに驚きます。私のようなサバゲーマーは感覚が麻痺してしまいがちですが、一般的にエアガンって高い買い物ですよね。

エアガンを始めて買うときの迷いや葛藤、高揚感は、どこか懐かしさを感じてしまいます。

そんな彼ですが、サバゲー沼にどっぷりとハマり、次々と装備やエアガンを購入していくことに。段々と金銭感覚が壊れていく様子も、思わずニヤニヤしてしまうポイントです。

スポンサーリンク

『サバゲにGO!』の魅力③初心者にも優しい解説欄

ここまで解説して、サバゲーを知らない人には、あまり理解できないと思われていないでしょうか。

ご安心ください。本作では、サバゲーやエアガンに詳しくない方でも分かるように、丁寧に解説を入れてくれます。

作者のアサウラ先生が特にこだわった所でもあり、未経験でも楽しめるよう、些細な疑問や不安を一つでも消せるように気を遣ったとのことです。

それだけに、数あるサバゲー作品の中でも、分かりやすさはピカイチ。サバゲー入門の教科書と言っても過言ではないでしょう。

『サバゲにGO!』の魅力④軽快なキャラクター達の掛け合い

サバゲーに関係すること以外でも、キャラクター同士の軽快な掛け合いも魅力の一つです。

特に面白いのは、下ネタの描写です。一見普通のことを言っているようでも、貞夫の「童貞脳」でセクシーなシーンに変換されてしまう様子は、思わず笑いを誘われます。

また、執拗なまでの拘りを見せる「食事シーン」も見どころの一つ。思わずよだれが出てしまうような描写なので、深夜に読むのは危険かもしれません(笑)

『サバゲにGO!』の魅力⑤爽やかな読了感

さまざまな魅了がつまった『サバゲにGO!』ですが、何と言っても読了感が最高!

サバイバルゲームという「遊び」に、真正面から向き合い、熱い勝負を繰り広げます。そして、ゲームの後に生まれる友情。

正に青春まっさかり!といった感じで、とても気持ちのいいストーリーです。

また、主人公貞夫をめぐる、仄かな恋愛描写も魅力的。思わず頬が緩んでしまうような、甘酸っぱい気持ちになれる作品です。

スポンサーリンク

『サバゲにGO!』の評価や感想は?

それでは、『サバゲにGO!』を読んだ方の評価や感想などを口コミサイトから紹介します!

読書メーターより
  • なんだかんだで男の子ってこういうの好きなんですよ。
  • 大学生になったらサバゲやりたいわw
  • 所々サバゲに必要な物、基本的なルールが説明されており、読みやすかった。
  • サバゲーシーンの緩急つけた展開が非常に上手かったですね。手に汗握る展開があった。

『サバゲにGO!』を読んで、「サバゲーをやってみたくなった」「魅力が伝わってくる」という意見が多く、未経験者からも高評価ですね。

また、アサウラ先生の代表作『ベン・トー』でも発揮されていた料理描写は定評が高く、「美味しそう」「飯テロ」といった意見も多く見られました。

『サバゲにGO!』の試し読みができる電子書籍サイト

各電子書籍サイトで、第一章まで『サバゲにGO!』の試し読みができます。

また、有料で1巻、2巻の合本版が配信されているので、続きが気になった方もすぐに購入可能です。

残念なことに、LINE文庫エッジは2020年8月にサービスが終了しており、続巻の発売は無いとのこと。そのため、現在『サバゲにGO!』を読む方法は、電子書籍サイトのみとなっています。

こちらに『サバゲにGO!』を読める各電子書籍サイトをまとめたので、気になった方はぜひ読んでみて下さいね!

『サバゲにGO!』のまとめ

今回は、本格サバゲーライトノベル『サバゲにGO!』を紹介しました。

サバゲー経験者はもちろん、未経験も楽しめる魅力が詰まった作品です。また、用語の解説が非常に丁寧なので、サバゲー入門としてもうってつけです!

出版社の関係で続巻が出ないのは残念ですが、合本版にはエピローグが追加されており、綺麗に完結しています。本当に素晴らしい作品なので、ぜひ読んでみて下さいね!

また、『サバゲにGO!』は、同じくサバイバルゲームを題材にした漫画『サバゲっぱなし』とのコラボもしています。こちらも面白い作品なので、合わせて読んでみてはいかかでしょうか。