ガスガンをメンテナンス!誰でもできる簡単なやり方をご紹介します!

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

エアガンは、定期的にメンテナンスをしないと性能が落ちてきてしまいます。とはいえ、どのようにメンテナンスすればいいのかわからないとお悩みでは無いでしょうか。

ということで今回は、ガスガンのメンテナンス方法を紹介していきます。やってみると意外と簡単なので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

ガスガンのメンテナンス道具

初めに、メンテナンスに必要な道具を用意します。リストアップすると、このようになります。

  • 雑巾
  • ティッシュ
  • 綿棒
  • シリコンスプレー
  • クリーニングロッド

クリーニングロッドは、エアガンに付属しているものを使ってい下さい。シリコンスプレーは、東京マルイから発売されているものがおすすめです。

ガスガンのメンテナンス STEP①通常分解

まずは、通常分解を行います。今回メンテナンスする東京マルイMEUピストルの場合、まずは画像の位置までスライドを引きます。

反対側のピンを押すと、スライドストップが抜けスライドとフレームに分解されます。

次に、リコイルスプリング・リコイルガイド・リコイルプラグの3つを外します。

バレルブッシュを30°くらい回し、引き抜きます。

最後に、インナーバレルユニットを取り出して完了です。エアガンによって分解方法は違うので、説明書をよく見て分解してください。

ガスガンのメンテナンス STEP②インナーバレルクリーニング

通常分解ができたら、次にインナーバレルをクリーニングしていきます。インナーバレルクリーニングには、クリーニングロッドを使います。

クリーニングロッドに小さく切ったティッシュを巻き付け、軽くシリコンスプレーを吹きかけます。

インナーバレルにクリーニングロッドを突っ込み、何回か往復させます。奥まで行き過ぎるとチャンバーパッキンにシリコンが付いてしまうので、注意してください。

クリーニングロッドを抜くと、汚れが付いていることがわかりますね。これを汚れが付かなくなるまで、繰り返します。

ガスガンのメンテナンス STEP③スライドのクリーニング&注油

次に、スライドのクリーニングをします。フレームに擦れる部分などの可動部に、シリコンスプレーを吹き、綿棒で掃除します。

最後に、ガスルートにシリコンスプレーをかるく吹いておきます。

ガスガンのメンテナンス STEP④フレームのクリーニング&注油

続いて、フレームのクリーニングをしていきます。スライドと同じく、可動部にシリコンスプレーを吹いて綿棒で掃除します。

ハンマーやトリガー部分もシリコンスプレーを吹き、掃除しておきましょう。

ガスガンのメンテナンス STEP⑤マガジンのクリーニング&注油

マガジンのクリーニングを行います。スリット内側やリップ部分を、綿棒で掃除します。

バルブやガスケットに、軽くシリコンスプレーを吹いておきましょう。

ガスガンのメンテナンス STEP外装のクリーニング

最後に、雑巾で外装をクリーニングします。奥まったところは、綿棒を使いましょう。

すべてのパーツをきれいにしたら、組み立ててメンテナンス完了です。

ガスガンのメンテナンス方法まとめ

今回は、ガスガンのメンテナンス方法をご紹介しました。まとめると、このようになります。

  • 通常分解する。
  • インナーバレルをクリーニングロッドで清掃する。
  • 可動部にシリコンスプレーを吹く。
  • 外装をクリーニングする。

実際にやってみると簡単にできるので、ぜひメンテナンスの参考にしてみてください。それでもめんどくさい、時間が取れないといった方は、ショップに持ち込みをおすすめします。

私の運営しているネットショップ『Gunsmith Tigger』では、ガスガンのメンテナンスも承っていますので、ぜひご活用ください!