PR

MOLLEシステムとは?使い方やカスタム方法、オプションを解説!

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

装備選びをしていると、MOLLE(モール)システム対応のものを見かけたことはないでしょうか。

ということで今回は、MOLLEシステムとは何か、使い方やオプションの種類について解説していきます。ぜひ、最後まで見ていってくださいね!

MOLLEシステムとは?

MOLLEシステムは、Modular Lightweight Load-carrying Equipment(モジュール ライトウェイト ロードキャリング エクイプメント)の頭文字を取った略称です。

1997年以降のNATO軍が採用している個人装備システムで、『PALS』と呼ばれるウェビングシステムが採用されています。

これは、ベストやバックパックがプラネットフォームとなり、各種ポーチなどを自在に付け外し可能。様々なミッションに対して、装備を最適化できます。

MOLLEシステムの使い方・取り付け方

NOLLE対応のポーチには、背面にストライプベルトが付いています。これを、プラネットフォームに編み込むように取り付けます。

ストラップを全部編み、ボタンをとめるとポーチが固定されます。

次に、MOLLEに装着する代表的なオプションを、7つご紹介します。

MOLLEシステムのオプション①マガジンポーチ

MOLLEシステムのオプションで、もっとも一般的なのがマガジンポーチです。マガジンポーチはその名の通り、予備マガジンを携行するための装備品。

ライフル用、ハンドガン用など、使用銃器に合わせたポーチを準備する必要があります。

こちらの記事では、おすすめのマガジンポーチをご紹介しています。使いやすいオープントップ&多機種対応なので、気になる方はぜひ見ていってくださいね!

MOLLEシステムのオプション②ユーティリティーポーチ

ユーティリティーポーチは、さまざまなな用途に使える多目的ポーチです。サバゲーでは貴重品や救急用具、修理用の工具などを持ち歩くのに利用されます。

基本的になくてもいい物ですが、付けておくだけでも装備のアクセントとして映えますよ。

MOLLEシステムのオプション③キャンティーン(水筒)

キャンティーンは、アウトドアで使われる携帯用の水筒や水入れのことです。キャンティーンを入れるポーチにウェビングが付いており、中身は簡単に取り出すことができます。

サバゲーでは、わざわざキャンティーンで水分補給をするケースは無いでしょう。こちらも、装備のワンポイントとして活用できます。

MOLLEシステムのオプション④ホルスター

ハンドガンを携行するためのホルスターは、基本的に腰のベルトに装着しますが、専用のプラネットフォームを使うことでMOLLEに対応できます。

ホルスターについては、こちらの記事で詳しく解説しています。興味のある方は、合わせて読んでみてはいかがでしょうか。

MOLLEシステムのオプション⑤パッチ・ワッペン

部隊章や階級章を付けるパッチやワッペンも、MOLLEシステム定番のアクセサリーです。サバゲーでは好きなキャラクターなど、ユニークなものも見られますね。

私の運営しているECサイト『GunsmithTigger』では、MOLLE対応のオーダーメイドネームタグを販売しております。

世界に一つだけのオリジナル・パッチを作りたい方は、ぜひご利用ください。

GunsmithTigger
【オーダーメイド】MOLLE対応ネームタグ \980

MOLLEシステムのオプション⑥サイリウム

日本ではアイドルのライブなどで定番のサイリウムですが、軍隊でも信号やマーキングとして利用されています。

サバゲーで使う事はまず無いですが、ワンポイントのアクセサリーとして雰囲気を出すのに役立ちます。

MOLLEシステムのオプション⑦ハンドカフ

ハンドカフとは、強化ナイロンでできた簡易な手錠です。サバゲーは接触NGなので使うことはできませんが、こちらも装備のアクセントとしておすすめですね。

MOLLEシステム まとめ

今回は、MOLLEシステムとは何か、使い方や代表的なオプションについて解説しました。

MOLLEは、ベストやバックパックをプラネットフォームとして、各種ポーチなどのオプションを自在に組み替えられるシステムです。

多種多様なアイテムを組み合わせてみて、ぜひ自分だけの装備を組んでみてください。

こちらの記事では、おすすめの装備品ついてまとめてご紹介しています。気になる方は、ぜひ見ていってくださいね!