PR

エアガン用スリングの使い方や種類、選び方のコツまで徹底解説!

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

皆さんは、サバゲーでエアガンを携行するのに便利なスリング、使っているでしょうか。

という事で今回は、エアガン用スリングの使い方や種類、スリング選びのコツを解説していきます。

サバゲーにスリングは必要?

結論から言ってしまうと、必須ではないものの、あると便利で見た目も良いアイテムです。

サバゲーにおいてスリングが役立つシュチュエーションは、主にメインウェポンからサブウェポンに切り替える時です。

スリングが無いと、メインウェポンを地面に置いておかないといけなくなってしまいます。そこでスリングを使うことで、エアガンを肩に掛けたまま切り替えができるようになります。

スリング選びのコツ

スリング選びのコツは、この3つです。

  • 頑丈で、壊れにくいものを選ぶ。
  • 長さに注意して選ぶ。
  • ワンポイント、ツーポイント、スリーポイントから、自分のスタイルに合ったものを選ぶ。

スリングには、エアガンの重量がモロに掛かります。そのため、ある程度頑丈でないと金具が破損したり、紐部分が抜けたりした時にエアガンが落下してしまいます。

また、スリングの長さも選ぶ際に重要なポイントです。長すぎたり短すぎたりすると、スムーズな切り替えができなくなってしまいます。自分の体格に合ったものを選んでくださいね。

最後のワンポイント、ツーポイント、スリーポイントの3種類については、次の章で解説します。

ワンポイントスリングとは?

ワンポイントスリングは、1点でエアガンを支えるタイプのスリングです。

ワンポイントスリングの利点は、エアガンを手から放したときに、両手がすぐにフリーになる事です。そのため、素早くスイッチングやハンドガンへの切り替えができます。

弱点としては、全長の長いエアガンだと、銃口が地面に着いてしまうことです。そのため、比較的短めの、カービン銃やサブマシンガンにオススメのスリングです。

ワンポイントスリングの使い方

ワンポイントスリングを取り付けるには、フレーム後端の取り付け用金具が必要になります。装着方法は、取り付け用金具にスリングの金具を取り付けるだけです。

エアガンに取り付けたら、残りの輪っか状の紐部分を、袈裟懸けにして装着します。このとき、袈裟懸けの方向は、利き手側にエアガンが来るようにしましょう。

最後に、スリングの長さを調整します。目安としては、エアガンを構えたときに少し余裕ができるくらいに調整すると、スイッチングが楽になりますよ。

ツーポイントスリングとは?

ツーポイントは、ハンドガード先端とストック後部の2点でエアガンを支えるタイプのスリングです。

ツーポイントスリングの利点は、長いエアガンでも地面に当たることなく携行できることです。そのため、主にスナイパーライフルや軽機関銃といった、全長の長いエアガンに使われています。

弱点は、サブウェポンの切り替えに時間がかかることです。一度肩に掛けなおす必要があるので、素早い切り替えは難しいですね。

ツーポイントスリングの使い方

ツーポイントスリングの取り付けには、ハンドガード先端とストック後部の2か所に取り付け用金具が必要になります。取り付け方法はタイプによって違うので、説明書をよく読んでくださいね。

装着は、肩に掛ける、袈裟懸けに背負うといった方法があります。肩掛けは装着が簡単ですが、動くと邪魔になりやすいです。

逆に、袈裟懸けは装着に時間がかかるものの、安定性があります。

長さ調整のコツは、できるだけ体にフィットするように調整することです。肩掛けでも袈裟懸けでも、動いたときにズレにくくなりますよ。

スリーポイントスリングとは?

スリーポイントスリングは、ツーポイントスリングを3重にしたようなタイプのスリングです。

一番外側の輪っかを袈裟懸けに背負うことで、ワンポイントスリング同様にすぐに両手をフリーにできます。

また、エアガンはツーポイントスリング同様に2点で支えるので、銃口が地面に当たることなく携行できます。

一見いいとこどりのように見えますが、使い方が難しい、体にスリングが絡まりやすいといった弱点も併せ持っています。

スリーポイントスリングの使い方

スリーポイントスリングの取り付けには、ツーポイント同様、ハンドガード先端とストック後部の2か所に取り付け用金具が必要になります。

取り付けの際は、スリングの向きに注意する必要があります。長さの調整ができる輪っかが、前方にくるように取り付けましょう。

次に、装着方法も注意が必要です。一番外側の、長さ調整のできない輪っかを袈裟懸けに背負います。間違えて調整用の輪っかで装着しないように、気をつけてくださいね。

最後に、各部のアジャスターを調整して、自分に合った長さに調整しましょう。画像無しだと分かりづらいと思うので、こちらの記事が参考になりますよ!

エアガン用スリングは自作もできる!

エアガンで使うスリングは、バックルや紐、パラコードなどを使って、以外と簡単に自作できます。

自分の体形に合ったスリングがなかなかみつからない、オリジナルのスリングを作ってみたいといった方は、ぜひ自作にチャレンジしてみてください!

こちらの記事では、私が実際にパラコードでスリングを作ってみた過程をまとめています。興味のある方は、参考にしてみてくださいね!

エアガン用スリングのまとめ

今回は、エアガン用スリングの使い方や種類、スリング選びのコツについて解説しました。

スリング選びのコツは、頑丈さ、長さ、種類に注意して選ぶことです。また、スリングの種類について、この3つを紹介しました。

  • 両手をフリーにできる、ワンポイントスリング(短いエアガン向け)
  • 安定して携行できる、ツーポイントスリング(長いエアガン向け)
  • 良いとこどりの、スリーポイントスリング(万能だが、使うのが難しい)

それぞれメリット、デメリットがあるので、お手持ちのエアガンや自分のプレイスタイルに合わせて選んでくださいね!