【Tigger流エアガンカスタム】電動ガンのシム調整の方法を解説!

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

電動ガンのカスタムに興味のある方なら、一度は聞いたことがある「シム調整」。自分でもやってみたいけど、どうしたらいいのか分からないとお悩みではないでしょうか。

という事で今回は、Tigger流、電動ガンのシム調整の方法を解説していきます。

スポンサーリンク

電動ガンのシム調整の効果とは

電動ガンのシム調整は、モーターの回転力を効率良くギアに伝えるために行います。

例えば、上の画像のようにギア同士が上手くかみ合っていないと、パワーロスが発生してしまいます。また、ギアに余計な負荷が掛かり、破損の原因にもなります。

ギア同士が干渉してしまうと、異音の原因にも。異音がしたまま使い続けてしまうと、ギアが削れてしまい、最終的にピストンクラッシュにも繋がってしまいます。

そのため、ギアと軸受けの間に適切な枚数のシムを入れ、クリアランスを保つ必要があるのです。

電動ガンのシム調整の方法①メカボックスの洗浄

それでは、シム調整の方法を見ていきましょう。初めに、メカボックスにこびり付いたグリスやホコリ、鉄粉を落としていきます。

パーツクリーナーは樹脂を侵してしまうので、金属部品しか洗浄できません。そのため、私はぬるめのお湯と中性洗剤で、まとめて洗ってしまいます。

ギアの歯やメカボックスの隙間は、歯ブラシ等を使って丁寧にグリスを落としていきましょう。洗浄したら軽くタオルで拭いて、乾燥を待ちます。

電動ガンのシム調整の方法②パーツの点検と仮組み

乾燥したら、パーツの点検をしていきます。ギアの歯に掛けは無いか、軸は曲がっていないかを、目視で確認しましょう。

特に問題なさそうなので、次は仮組みに移ります。シムを全て取り除き、ギアを軸受けに差し込んでいきます。

ギアが垂直になっているか、スムーズに回転できるかをチェックします。問題があるようなら軸受けが変形している可能性があるので、交換しましょう。

メカボックスの反対側もチェックして、問題無いようならシム調整に移ります。

電動ガンのシム調整の方法③ベベルギアの調整

シム調整の順番は諸説ありますが、私はベベルギアから調整しています。まず、モーターのピニオンギアと、ベベルギアの嚙み合わせを見ていきます。

ピニオンギアとベベルギアをツライチにした時、隙間が空いていないか確認します。隙間が空いているようならシムを減らしギアを押し上げてしまっているようなら、シムを追加しましょう。

隙間がなくなったら、メカボックスを閉じ、軸受けの外側から軸を押し上げます。このときできた隙間の分、ベベルギアの上側にシムを追加します。

もう一度メカボックスを閉じ、軸を押し上げます。このとき、若干軸が浮き上がるくらいがベストなセッティングです。

全くクリアランスが無いと、シムとギアが干渉し、回転を阻害してしまいます。

電動ガンのシム調整の方法④スパーギアの調整

続いて、スパーギアを調整していきます。まず、スパーギア下側に0.1㎜のシムを入れ、軸受けに差し込みましょう。

スパーギアを回転させてみて、金属同士がこすれるような音がしたら、シムの厚みを変更していきます。スパーギアの下側は、できるだけシムを薄くしましょう。

次に、ベベルギアとの嚙み合わせを確認します。ベベルギアを回転させ、スパーギア上部と擦れていないかチェックしましょう。

ベベルギアとスパーギアが干渉しているようなら、ベベルギア下側にシムを追加します。下側に追加した分、上側のシムを減らすのを忘れないようにして下さい。

問題無ければ、ベベルギアと同様、メカボックスとの隙間を埋めていきます。

電動ガンのシム調整の方法⑤セクターギアの調整

最後に、セクターギアを調整していきます。セクターギアは基本的に、スパーギアと干渉しなければ大丈夫です。

ただ、機種によってはタペットプレートと干渉するケースもあります。念のためタペットプレートとの隙間もチェックしておきましょう。

問題無ければ、他のギアと同様に、メカボックスとの隙間を埋めていきます。

電動ガンのシム調整の方法⑥グリスアップと慣らし運転

シム調整が終わったら、ギアとメカボックスに、グリスを塗っていきます。私は、ギア周りは全て東京マルイの高粘度グリスで仕上げてしまいます。

筆やハケを使い、一枚一枚馴染ませるように。ポイントとしては、粘度が高いので、できるだけ薄く塗るようにしましょう。

グリスを塗り終わったら、メカボックスを閉じモーターを取り付け、慣らし運転をします。このとき異音がするようなら、どれかのギアが干渉しています。

メカボックスを開けると、干渉しているパーツ同士が削れているはずなので、それを目印にもう一度調整し直してください。

電動ガンのシム調整のまとめ

今回は、電動ガンのシム調整の方法を解説しました。シム調整の順番をまとめると、このようになります。

  1. メカボックスの洗浄
  2. パーツの点検と仮組み
  3. ベベルギアの調整
  4. スパーギアの調整
  5. セクターギアの調整
  6. グリスアップと慣らし運転

シム調整は、何と言っても根気との勝負。最初は難しいかもしれませんが、時間をかけて慎重に調整していきましょう。

ちなみに、私は調整用のシムはLayLaxのプロメテウスシムセットを使っています。バリも無く精度も高いので、非常にオススメのシムセットですよ!

電動ガンカスタムの『全て』をまとめました!

この記事では「シム調整」について解説しましたが、もちろん電動ガンには他にも内部パーツがありますよね。

そこで、私がいつもどのように電動ガンをカスタムしているかを、こちらの記事にまとめました。

「これから電動ガンのカスタムをしてみたい」「内部カスタムにチャレンジしたい」といった方、必見の内容となっております。ぜひ、あわせて読んでみて下さいね!

[PR]エアガンのカスタムならGunsmithTiggerにお任せ下さい!

「エアガンの性能をもっと上げたい」「内部カスタムは難しそう」こんなお悩みありませんでしょうか。

そんな時は、エアガンのカスタム・メンテナンス専門ショップ『GunsmithTigger』にお任せください!

電動ガンの基礎能力を100%発揮する、ベーシックチューンを¥5,800から提供しております。こちらの公式サイトからお気軽にご相談、お問い合わせくださいね!