【エアガンが故障したときの対処法】トラブルシューティングまとめ

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

「エアガンが突然撃てなくなってしまった!」とお悩みではないでしょうか。エアガンは高い買い物ですし、サバゲーで突然撃てなくなると困ってしまいますよね。

という事で今回は、エアガンが故障してしまった時の対処法を解説します。

エアガンのトラブルシューティング

エアガンが故障してしまった時の対処法は、まず原因を知ることが大事です。フローチャート形式のツールを作成したので、最初にこちらの診断をご利用ください。

Q1
トリガーを引けますか?

診断できましたでしょうか。これ以降はそれぞれの原因に対する具体的な解決方法を説明するので、関係の無い章は読み飛ばしてOKです!

インナーバレルのクリーニングをする方法

インナーバレルのクリーニングは、エアガンに付属しているクリーニングロッドにティッシュやペーパータオルを付けて行います。

詳しくは別の記事で解説しているので、そちらを参照してください。

バッテリーの充電方法

バッテリーの充電は、ニッケル水素バッテリーかリポバッテリーかで、充電方法が変わってきます。間違えると火災の原因になるので要注意ですね。

バッテリーの取り扱いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ホップアップの調整方法

エアガンのホップアップは機種によって調整方法が違いますが、ダイヤルを回して調整するものが主流になっています。

ホップアップの調整方法につてはこちらの記事にまとめました。

弾詰まりを解消する方法

エアガンが弾詰まりを起こした時は、エアガンに付属しているクリーニングロッドを使うことで解消できます。

今回は、クリーニングロッドの突起状になっている方を使います。

まずマガジンを抜き、ホップアップを最小にします。

クリーニングロッドの突起状になっている方を銃口から差し込み、中で詰まっているBB弾を押し出します。

エアガンの修理を依頼する方法

エアガンが故障してしまった場合、メーカーやガンショップに持ち込むことで、有料で修理を依頼することができます。

自力で修理することもできますが、十分な知識と技術が無ければ余計に事態を悪化させてしまいます。また、分解するとメーカーの保証が受けられなくなる場合があるので、あくまで自己責任でお願いします。

修理費用はおおむね5千円~1万円程度ですので、困ったら修理を依頼してしまいましょう。

メーカーに依頼する

国内メーカーのエアガンなら、メーカーに修理を依頼する方法が一番簡単で確実です。

各社ホームページのお申込みフォームから修理の依頼をして下さい。

ガンショップに依頼する

国外メーカーやカスタムされたエアガンの場合、エアガンを購入したショップに依頼することで修理の申し込みができます。

また、オンラインショップの中には修理の受付をしているお店もあるので、そちらを利用することも検討してくださいね。

エアガンの修理方法まとめ

今回は、エアガンの修理方法についてまとめました。エアガンが撃てなくなるのはさまざまな理由があるので、まずは冒頭のトラブルシューティングを使って原因を調べてください。

バッテリーの付け忘れやセーフティの外し忘れが原因という事もありますし、それで修理費用を払うのはもったいないですよね。

しかし、自力で対処不可能な故障は、積極的に修理を依頼してください。メーカーもショップもプロですので、確実にあなたの愛銃を直してくれますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました