サバゲー初心者向けの服装を徹底解説!代表的なスタイルも!

こんにちは、Tiggerです。皆さんサバゲーしてますか?

これからサバゲーを始めたい、ただ、どんな服装がいいのかわからない・・・とお悩みではないでしょうか。迷彩服や軍服が必須な感じがして、敷居が高く思ってしまいますよね。

しかし、実は普通のご家庭にある服でも、十分にサバゲーを楽しむことはできるのです。ということで今回は、初心者が初めてサバゲーをするとき、何を着て行ったらいいかを解説します。

スポンサーリンク

サバゲーの服装は、動きやすければ何でもOK!

始めに結論から言うと、サバゲーの服装は自由です。動きやすくて汚れてもいい服なら、迷彩服や軍服でなくてもまったく問題ありません。

中には、着ぐるみやアニメキャラクターのコスプレをしてくる人もいるくらいです。ただ、それで怪我をしたり、服が破れたりするのはあくまで自己責任

慣れないうちは、ファッション性よりも機能性を重視し、動きやすい服装を用意した方が無難でしょう。という事で、次に初心者が避けた方が良い服装を4つ紹介していきます。

サバゲー初心者が避けた方が良い服装①動きにくい服

サバゲーは走る、止まる、地面に転がるなど激しく動き回る遊びです。時には、転んで怪我をしてしまうこともあります。

そのため、動きにくい服は避けた方が良いでしょう。

特に靴は転倒する危険性があるため、スニーカーや安全靴など、運動に適したものを履くようにしてください。

サバゲー初心者が避けた方が良い服装②破れやすい服

サバゲーでは、障害物や樹木の枝などに引っかかって、服が破れてしまうことも考えられます。そのため、素材が薄く破れやすい服は避けた方が良いですね。

また、特に屋外のサバゲーでは、一日遊ぶと泥だらけになってしまいます。そのため、汚れてもいい服を選ぶことも重要。

まとめると、耐久度が高く、使い古して汚れてもいい服が推奨されています。上はジャージやパーカー、下はGパンやチノパンがおすすめですよ。

サバゲー初心者が避けた方が良い服装③肌が露出している服

先ほど解説した通り、サバゲーでは設置物や樹木によって怪我をすることがあります。また、BB弾が近距離で肌に当たると内出血し、赤い跡が残ってしまうことも。

そういったダメージを軽減するためにも、肌が露出している、半袖や短パンは避けた方が無難ですね。

肌が出ていないだけでも、怪我のリスクが減り、痛みも軽減することができます。特に、指先は当たると痛いので、滑り止めのある手袋を装着することを推奨します。

サバゲー初心者が避けた方が良い服装④黄色と赤の服

黄色と赤は、チーム分けをするマーカーの色。そのため、黄色や赤の服を着ていると、敵なのか味方なのか紛らわしく、味方から誤射されるしまうかもしれません。

また、黄色と赤は非常に目立つので、敵から発見されやすくなってしまいます。サバゲーの服装は基本的には自由ですが、可能な限り黄色と赤は避けた方が良いでしょう。

目立ちずらい緑や茶色、黒などの寒色系の服がおすすめです。

簡単なサバゲー装備の例

こちらの画像は、私が初めてサバゲーをした時の装備です。見ての通り、ほぼ私服ですよね。ですが、はっきり言って初心者はこれで全然OKです!

ざっと紹介すると、こんな感じですね。

  • 適当な帽子
  • 適当なジャージ
  • 適当なジーパン
  • 作業用手袋
  • 適当なスニーカー

【初心者オススメ!】サバゲーの服装や装備はレンタルも可能

私服で大丈夫とは言っても、「フィールドで浮いてしまわない?」と思われるかもしれません。そんな方は、サバゲーフィールドで迷彩服をレンタルすることもできます。

1日で2,000円程度なので、何でもいいから迷彩服を着たい、という方にはオススメです。エアガンやゴーグルといった必需品もレンタルできるので、始めは積極的に利用しましょう。

レンタルに関しては、こちらの記事をご参考に。フィールドによってはレンタル装備が無いこともあるので、しっかりと下調べをしてくださいね。

サバゲーで定番の服装10選

ここまで、初めてのサバゲーに最低限必要な服装について解説しました。

とはいえ、やはりカッコいい服や装備を揃えてからサバゲーをしたい、と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方のために、サバゲーで代表的なスタイルを10個、ご紹介します。

タクトレ装備

タクティカルトレーニング、略してタクトレとは主に海外で開催されている、民間向けの射撃講習会のことです。

そこでみられる、私服をベースとしたスタイルのことを、タクトレ装備と呼びます。

軍隊と違い携行する装備が少なく軽装で、私服ベースなので揃えるのも容易。初心者でも手をつけやすいスタイルと言えるでしょう。

PMC装備

PMCとは、「Private Military Company」の略称で、民間軍事会社のことです。

PMCは正規の軍隊と違い民間人なので、BDU(迷彩服)を着用できません。そのため、ジャージやパーカー、チノパンといった私服で戦闘を行います。

また、銃や装備も支給されないため、自前で用意する必要があります。逆に言えば、それだけ自由度の高いスタイルであると言えるでしょう。

PMC装備を揃えるのに必要な装備品などは、こちらの記事で詳しく解説しています。興味のある方は、ぜひ見てみて下さいね。

UAB・スポーツスタイル

UABは、サバイバルゲームを、より競技として発展させたスポーツです。

競技として最適化させるため、基本的に非常に軽装。最低限の防具にマガジンポーチ2~3個といった、シンプルなスタイルです。

機動力が高く、揃える装備や服も少ないので、初心者にもおすすめしやすいスタイルと言えるでしょう。こちらも別記事で詳しく解説しているので、ぜひご参考に。

BDU・軍装スタイル

BDUは「Battle Dress Uniform」の略になり、いわゆる迷彩服がこれに当たります。

兵士が戦闘時に着用するユニフォームであり、サバゲーで最もよく見るスタイルです。敵の目を欺くカモフラージュ効果があり、戦闘を有利に進めることができます。

国や時代、所属部隊によってさまざまな種類があるので、非常に自由度の高いスタイルと言えるでしょう。

ヒストリカルスタイル

ヒストリカルスタイルは、第二次世界大戦やベトナム戦争時の、昔の軍隊のスタイルです。

年代ものの装備が多く、一式揃える敷居はやや高め。逆に、それだけ熱心なマニアの多いスタイルですね。

こちらの記事では、ベトナム戦争の米陸軍装備を紹介しています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

アラブ・ゲリラスタイル

イラク、アフガニスタンといった、中東のゲリラをイメージしたスタイルです。

映画やドラマでは敵役、やられ役として登場することが多いですが、あえて「悪」を演じてみるのも楽しみ方のひとつ。

意外と安く揃えられるのもあり、個性を出していきたい方におすすめの服装です。

こちらの記事では、更に詳しく解説しているので、気になる方はぜひ見ていってくださいね。

スナイパースタイル

一撃必殺のスナイパーは、射撃の達人であると同時に、偽装のプロフェッショナルでもあります。

そんなスナイパーの最も特徴的な装備は、草木を模した偽装網であるギリースーツ。茂みの多い森林フィールドでは、目の前数メートルに敵がいても気づかれない、なんてこともあります。

森林フィールドを中心に、スナイパーをしてみたいという方にはおすすめのスタイルですよ。

コスプレスタイル

コスプレスタイルは、その名の通りアニメやゲーム、漫画のキャラクターのコスプレをするスタイルのこと。

メタルギアソリッドやコールオブデューティのような、戦闘を題材にした作品はもちろん、メイド衣装やセーラー服のコスプレでサバゲーを楽しむ人もいます。

おふざけに近いスタイルとも言えますが、どんな服装だろうと防具さえ付ければ全然問題ありません。

初めてのサバゲーに着ていく服装まとめ

今回は、初めてのサバゲーで何を着て行ったらいいかを解説しました。まとめると、基本的にはなんでもOKですが、このような服は避けた方が無難ですね。

  • 動きにくい服
  • 破れやすい服
  • 肌が露出している服
  • 色が黄色か赤の服

上着はジャージやパーカー、ズボンはGパンやチノパンがおすすめですよ。また、動きやすい靴や手袋、帽子があると快適に遊ぶことができます。

迷彩服やエアガンはレンタルもできるので、始めの内は積極的に利用していきましょう!

【装備を揃えたくなったら】優先度別に解説!

サバゲーに慣れてきたら、もっと服装や装備に気を遣いたくなってきますよね。とはいえ、サバゲー用品は種類が多く、何から揃えたらいいか迷ってしまうことでしょう。

こちらの記事では、そんな疑問を解決するべく、優先度別にサバゲーに必要な装備品をまとめました。

焦って購入することはありませんが、もっと楽しく快適にサバゲーをしたいと思っている方、必見の内容となっております。ぜひ、合わせてご一読ください!